「2016年7月」の記事一覧

梅干

梅干

7月30日は梅干の日。 和歌山県みなべ町の東農園により「梅干を食べると難(7)が去る(30)」という言い伝えから制定されました。 花見といえば桜が思い浮かびますが、奈良時代のお花見は梅であり、桜は平安時代から愛でられるよ・・・

暑中見舞い

暑中見舞い1

夏になるとお世話になった方や学校の先生などにお送りする暑中見舞いのはがき。 最近は学校やお稽古でお世話になっている先生に暑中見舞いを送るこどもが減る一方であると伺います。 暑中とは、一年で最も暑さが厳しい時期のことで、夏・・・

神前結婚式

東京大神宮

日本における結婚式は昔から神前結婚式が行われてきた、と思われる方が多いのですが、決してそうではありません。 明治33年5月10日、宮中賢所大前にて、のちの大正天皇となられる当時の皇太子殿下が九条節子姫(のちの貞明皇后)と・・・

桃の日

桃

最近、やまなし桃の日が7月19日であることを知りました。 1月1日から数えて200日目が7月19日。 「百百」で「もも」と読み、百(100)と百(100)をあわせて200になることから、この日に決まったそうです。 山梨県・・・

新盆

白提灯

祖霊を迎え、祀る。 それがお盆といわれる行事です。 8月にお盆が行われる地域も多くありますが、都内は昨日がお盆の入り。 お墓や仏壇の掃除をし、お位牌を盆棚に移し、お供え物を準備して、お墓参りを終えてから夕方に玄関先で迎え・・・

このページの先頭へ