21日の月曜日はブログをお休みいたしまして、誠に申し訳なく存じます。
ようやく体調が快復しました!
心配くださった皆様、おこころ遣いに感謝いたします。

さて、事務所近くの靖国神社には屋台が出て、昼間から多くの人でにぎわっています。
今日は気温が下がり、週末も寒さが続くため、見ごろまでにはしばらくかかりそうですが、そのぶん、長く桜を愛でることができそうです。

桜の花この季節、各校の卒業式、入学式などに伺うと、桜湯を頂戴します。
ご存じの通り、桜湯とは、塩漬けした桜の塩分を抜いてからお湯を注いだものです。
これを桜茶と呼ぶこともありますが、桜茶はお湯でなくお茶を注いだものとする説も存在します。
おめでたい席で、煎茶は「お茶を濁す」に通じて縁起がよくないので桜湯が好まれるという言い伝えもあるのですが、単純に、桜湯は目にも楽しいので、祝いの席に用いられることはよいと思います。

また、日本の花を代表する桜が、「桜はパッと咲いてパッと散る」ので縁起が悪いとされることがあります。
しかし、いつまでも咲き続けることなく、潔く散る桜の姿は、日本人として魅力を感じます。
美しく満開に咲く年は豊作ともいわれます。

このようにブログを記していたら、今年はどこかにお花見に出かけたくなりました!
天候のよい日、皆様もお花見にお出かけになってみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ