小笠原忠真 その1

昨日10月18日は小笠原家の先祖である小笠原忠真が亡くなって350年。
北九州市立いのちのたび博物館では10月7日から12月3日までの間、小笠原忠真展が行われており、九州出張の折に伺ってまいりました。
そこで今回と次回は、忠真についてお伝えしたいと思います。

小笠原 忠真江戸幕府2代将軍徳川秀忠から元服の際に偏諱を授かり忠政と名乗り、その後は忠真に変わったのですが、大阪夏の陣において父の秀政、兄の忠脩が戦死したため、家督を継ぐこととなりました。
忠真も重傷を負ったものの奮戦し、家康からは「わが鬼孫なり」と称賛され、血痕と見られる跡の残る甲冑も展示されていて、見応えがありました。
徳川家康の命により、忠脩の死後、兄の正室であった亀姫(円照院・本田忠政の娘で家康の養女)を正室として迎えます。

IMG_1132信濃国松本8万石、播磨国明石10万石に移封されましたが、1632年には三代将軍徳川家光より豊前国小倉15万石への国替を命じられ、1634年8月4日に京都二条城にて家光から与えられた宛行状が展示されていました。

また展示品のなかで深く印象に残ったのは、忠真の父、秀政が大阪夏の陣で身につけていたといわれる菅原道真公像です。
高さ約4.5センチの像と厨子は一体で、この厨子を所持していたと思われます。
秀政は文にも優れ、学問の神様を深く信仰していたようです。

次回も忠真についてご紹介いたします。

六曜

現代においては、七曜、すなわち日曜日から土曜日までを基本に過ごしていますが、室町時代に中国から伝わり、江戸時代には広く用いられた六曜(六輝)と呼ばれるものがあります。

六曜六曜とは、日時や方位などの吉凶、あるいはその日の運勢などに関する暦注のひとつで、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種。

先勝は「先んずれば勝つ」、万事において急ぐことがよく、午前中が吉で午後が凶。

友引は弔事を避ける。
ただし、「勝負なき日」すなわち勝負ごとにおいては引き分けになるという日で、慶事に関してしては大安に次ぐよい日ではあるが、午の刻(午前11時から午後1時)は避ける。
「凶事に友を引く」ということから葬儀は避けると考えられている。

先負は「先んずれば負ける」、万事において急ぐことは避け、午前は凶で午後が吉。

仏滅は「仏も滅する」大凶の日であり、慶事やお見舞いなどを避ける日。

大安は大吉。

赤口は午の刻のみ吉、それ以外は凶。

六曜は旧暦におけるものであるのだから迷信に過ぎず、現代において用いることは好ましくないという説もあります。
昨今では、仏滅にも慶事をする人が増えています。
ただし、できる限りよいとされる日に祝い事を行い、難を避けたいと思う気持ちも理解できます。

どちらが正しいということではなく、先人の知恵を学ぶことは大切ではないかと思います。

引出物

10月は季節もよいことから、結婚式が行われることの多い月です。
結婚披露宴には、引出物が準備されますが、引出物とは本来、どのようなものを指していたのかをご存じですか。

引出物すでに平安時代には存在していたといわれる引出物、その頃には馬を庭に引き出してご覧にいれ、その馬を贈ったことに始まるといわています。
小笠原流礼法の室町期の伝書にも、引出物としての馬に関する心得が記されています。

その後、馬の代わりに「馬代(うましろ)」として金品が贈られるようになり、さらには酒宴の席でのおみやげとして招待客には引出物が渡されるようになりました。
本膳料理において、与の膳の焼き物、五の膳の引き物は箸をつけずに持ち帰っていただくことが基本であったことも、今日の引出物に影響を与えています。

また贈り分けとも呼ばれているのですが、昨今のようにメインの引出物の内容を相手によって変える場合には、二品目の引菓子、三品目のかつお節や紅白饅頭などの縁起物は全員同様の品にするということも増えているようです。

引出物はお祝いを頂戴することへのお返しではなく、お客様への感謝のしるしです。

友人からのぽち袋

先日、友人とあるレストランでお食事をご一緒したさいのこと。
少し前にその方のお宅で素晴らしいお料理の数々をご馳走になったことへのこころばかりの感謝のしるしに、化粧室に立った流れでお支払いを済ませました。

ぽち袋食事後に仕事が入っていたため、席に戻ってからすぐにお店をあとにすることとなりました。
お店の方に見送られ、しばらくすると、友人が「さきほどのお食事代・・・」と素敵なぽち袋をハンドバッグから出されました。
「先日のお食事会へのささやかな感謝の気持ちですので」と、ぽち袋はハンドバッグへ戻していただくようにお願いいたしましたが、様々な配慮が感じられる友人のこころ遣いと行動に深く感動を覚えました。

美しい色合いのぽち袋を携帯されていたこと。
お店の方の姿が見えなくなった頃に自然にぽち袋を出されたタイミング。
さらには、小笠原流礼法でも大切にしている三辞三譲(辞退することも譲ることも三度程度を目処に行動すること)を体現されていたこと。

秋風が吹くなか、名残惜しさにお互い、何度も手を振りながら帰路につきました。
察することの大切さを改めて教えてくれた友人にこころから感謝いたします。

レモンのしぼり方

サラダ、魚料理、肉料理などに、レモンの香りと酸味によって料理の味がひきたてられるようにと、半月型のレモンが添えられていることがあります。
そのようなとき、洋食の席ではレモンの真中辺りにフォークを軽く刺し、汁が飛び散らないようにレモンを持っている側の手で全体を覆うようにしてしぼります。

レモン半分に切ったレモンが添えられている場合は、半月型よりも大きいぶん、少し深めにフォークを刺し、少々フォークを回してからしぼるとしぼりやすいものです。
ただし、汁が飛び散りやすくなることを考慮に入れる必要があります。

和食の場合はフォークがありませんので、手で全体を覆うようにし、注意しながらしぼります。
このような配慮は、秋のシーズンに出される土瓶蒸しに添えられているすだち、かぼすにも欠かせません。

大皿料理にレモンが添えられている場合、あるいはひとつのお料理を分けていただく場合、どなたかが代表してレモンをしぼることがあるでしょう。
たとえカジュアルな席であっても、日本人は清潔さを重んじることから、そのような場合にはおしぼりで手を拭いてからレモンを取るようにこころがけることも大切です。

今日はレモンの日。
お料理にレモンを用いられてみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ